書評ブログ

許成準 著「1日ごとに差が開く!天才たちのライフハック」

成功者には共通する3つのことがあった


本書にはさまざまな偉人の言葉が取り上げられていて、その言葉を僕たちの生活に転用できる事例も紹介されています。 個人的には、同じ言葉を聞いても、読んでいる人次第で解釈が変わり、どう転用していくかも変わっていくと思うので、 転用事例はあまり参考にならないかもしれませんが、これまでに耳にした名言がまとめられているので、 偉人の名言を整理する意味では有意義な本だと思います。



偉人たちは日々アップデートしている

本書を通じて、偉人と呼ばれる人たちは、「限られた人生を無駄にしないマインド」「徹底された自己管理」 「筋の通った奇妙な習慣」を持ち合わせている人たちだと感じました。

まず偉人たちは、限られた人生を無駄にしないために、人生が有限であることを意識しながら、 短い時間で仕事が終わる方法を考えて、それを簡単な仕組みに落とし込むといったように、決して自分の時間を安く見積もりません。 次に食事やストレスに気をつけ、意思決定する回数を減らし、日々の記録を欠かせないといった自己管理が徹底されています。 そして偉人たちは、毎日コーヒーを50杯飲む習慣や毎日同じ音楽を聴く習慣、装置を改造してから実験する習慣、 数字を擬人化して記憶する習慣など、一見奇妙に見えるけれど、本人にとっては最適な習慣を持っています。

時間を安く見積もらず、自己管理を徹底して自分を把握し、常識にとらわれず日々を改善し続けられる人が、 成功者の最低条件なのかもしれないと思いました。


【Amazonで商品を見る】

1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック