僕が出逢った十人十色

NPO法人を立ち上げた井口陽平さんの想い Vol.1 復興春フェスを始めたきっかけ

対談企画「僕が出逢った十人十色」第2弾は、大学1年のときから数々のイベントを立ち上げ、今ではNPO法人を立ち上げて若者応援など多彩な問題に対して取り組もうとしている井口陽平さんに話を伺いました。

井口陽平
1991年生まれ。大阪出身。大学時代に学生イベント企画団体「とり.OUS」を創設し、総合プロデューサーとして数々のイベントを企画・運営する。大学を卒業して、これまでの活動を仕事にしたいと思い、NPO法人「若者応援コミュニティ とりのす」を設立し、若者の応援や意識改革など、多彩な課題に取り組もうとしている。

↓[PR]井口さんの経営するバーの詳細はこちら↓

復興春フェスを始めたきっかけ

ケンフィー 先週は復興春フェス、お疲れ様でした。
(※収録は2017年4月2日で、その1週間前に駅前で復興春フェスというイベントがあり、僕はそこでステージイベントを取りまとめていました。)

井口陽平 お疲れ様でした。本当にありがとうございました。復興春フェスでは初めてのステージでの試みでした。復興イベント3年目で、新しいことができたと思う。復興イベントだけど、復興に興味がある人を対象にしているわけではないから、ああいう形でアトラクションがあって、こちら側としても新しいカタチが見えたような気がして、非常にお世話になりました。

ケンフィー 三年目と言いましたが、そもそも(復興春フェスが)始まったきっかけって何ですか?

井口陽平 もともと3.11があったときが2011年で、その年が自分が大学入学した時で、今考えると、3.11は自分の人生を大きく変えた出来事だった。大学に入るタイミングでそれがあって,それまでは自分のためにしか動いてなくて、たとえば単純に勉強を頑張っておけばいいやとか思ってたんやけど、あれが起こって、多分みんなもニュースとか見て衝撃受けたと思うんやけど、なんか自分にできないかなって。人に対して、損得じゃなくて何かできないかなって思ってた。それもあって、1年の夏休みに被災地、岩手県に2か月間復興のボランティアに入らせてもらって、そこで出会った全国の学生が、本当に自分のやりたいこととか、自分が誰かのために何かしたいって想いを持っている子がすごく多くて。それまでの半年間、岡山で生活してたけど、岡山でこんな学生たちいないなと。でも岡山って学生が多い街だし、学校数も多いから、岡山がもっと元気にならないと、日本って元気にならないんじゃないかなって。それで、その3.11のボランティアをきっかけに、岡山の学生に対してもっと主体的に、自分が誰かのためになることってすごく楽しいんだよっていう経験を教えていきたいなって思い始めた。そのスタンスでいたから、(今回の復興支援イベントも)めっちゃ復興支援したいっていう人にシンポジウムをしてもらうといった活動よりは、6年が経ってしまったけど、何となく東北の美味しい食べ物でもいいし、東北の素敵な場所だったりと忘れてほしくないよねっていう想いがすごくあって。結局あの災害も昔津波があったけど、それを忘れてしまったからああいうことが起こってしまったわけだから、今の若い子たちにそれを引き継げていけてるのかなって思って。おばあちゃんとかから戦争の話などを聞くことはあるけれど、我々がおばあちゃんと同じ立場になったときに、戦争までとはいかんけど、こういう震災があってねという話ができるような今の若い世代でないといけないなと。いろんな人に伝えたい、それを忘れないでって。そうなったときに、一番人が集まる場所はどこだろう――駅前だよねってことになって、でも駅前でシンポジウムやお話とか展示とかになると、誰も足を止めないだろうから、そこは自分が思うように、福島の美味しい食べ物や物産品とかに触れてもらえる機会にしたいなって。そういう想いを、当時福島県庁(現・岡山県庁)に勤めていらっしゃった方と意気投合して、じゃあやってみようかってなって1年目始まり、2年目どうするってなったときに「こういうのは続けるのが大事だから続けましょう」ってなって、じゃあ3年目どうするってなったときに「やっぱりやりましょう!」ってなって、3年間続いた。