僕が出逢った十人十色

世界一周を終えた長谷川 海音くんの「大学生部」特別インタビュー - ノーカット版 Vol.6 旅先で作曲したたくさんの楽曲

対談企画「僕が出逢った十人十色」特集号として、とあるオンラインサロン内の「大学生部」ブログチーム企画でインタビューを行った長谷川 海音さんの対談をノーカットで掲載しています。 「大学生部」ブログチームのインタビュー記事はコチラからご覧ください。。

長谷川 海音
1996年生まれ。東京都出身。東京大学3回生。1年休学して、4月17日から10月3日にかけて世界一周し、27ヶ国66都市訪れる。現在は無人島アートフェスに向けて活動する傍ら、自身が作曲した曲を弾き語る動画をほぼ毎日Twitterに投稿するなど多彩な活動に取り組んでいる。

旅先の刺激を楽曲に

ケンフィー ちなみに旅先で58曲もの曲を作ったと見ましたが、どういう時に作ったんですか?移動中とかですか?

長谷川 海音 各都市に滞在している時に泊まった宿があるんですけど、そこでギターでコード進行やメロディー、歌詞を考えましたね。

ケンフィー それは旅で感じたことを曲にしたという感じですか?

長谷川 海音 感じたことをそのまま歌詞にするというのもあると思うんですけど、無性に曲が作りたくなってしまって、曲を作っていたという感じですね。日本でも作曲とかしていて、5ヶ月ぐらいは音楽から離れようと思って楽器も持ってきていなかったんですけど、最初2ヶ月ぐらい毎日のように新鮮な出来事があって、インスピレーションが湧いてきて、曲が無性に作りたくなったんですよ。

ケンフィー 曲が作りたくなるほど刺激的な旅だったということですね。

長谷川 海音 そうですね。ただ、スペインに行ったからスペインっぽい曲を作ったとか、インドに行ったからインドの音楽の要素を入れてみたとか、そういうわけではないです。だから(旅先で作った曲は)世界を見て、自分の中で噛み砕いてできた曲だと思います。

ケンフィー それってネットにアップロードされていますか?

長谷川 海音 一応、今Twitterで引き語りを挙げていて、今100曲ぐらい曲を作っているので、広告として流していこうかなと思っています。それとは別に、最近友だちとバンドを組んだので、バンド編成でアレンジして発信していこうと思っています。

↓「大学生部」で僕が編集した記事はこちら↓


↓長谷川海音くんへのレターポットはこちらから↓