僕が出逢った十人十色

藤澤 直武さんが目指す誰もが誇りを持てる世の中 Vol.1 公務員を辞めて2つの法人を設立

対談企画「僕が出逢った十人十色」第13弾は、公務員を辞めて2つの法人を立ち上げ、食の6次産業化などを通じて地域活性化しようとしている藤澤 直武さんに話を伺いました。

藤澤 直武
1970年生まれ。岡山県出身。当初は船穂(ふなお)町役場に奉職。職務の傍ら岡山から毎週末2年間、兵庫県立大学大学院(MBA)に通い、地域イノベーションについて学び修了。以後、全国地域リーダー養成塾、食の6次産業化プロデューサー等の理念を併せ、地域で活躍する。経営コンサルタント(中小企業診断士)としては、小規模事業者や公営事業を対象とした独創的な支援を行うほか、海外ビジネススクールや有名企業で採用されている能力開発法を地域の人材育成に適用している。2013年ベンチャーキャピタリスト関係の検定で部門全国1位のスコアとなる。趣味の乗馬歴25年。週末はフランス料理・菓子の専門学校で菓子作りに触れたり、アーユルヴェーダを学ぶ等、食・人・自然の関係を重んじる日々を送っている。

姓名判断をもとに法人名を決めた

ケンフィー つい、3月まで公務員やられてて、4月から経営事務所と一般社団法人と、2つの会社を立ち上げられたんですが、そのきっかけっていうのは何ですか?

藤澤 直武 まず会社としては、中小企業を対象の経営コンサルタントを専門とした会社を、大阪のヒルトンプラザに設立しました。僕は中小企業診断士という資格を持っていて、中小企業の方を応援したいという想いがあり、それをやっていくための会社です。こちらは経営に関して高度なことも行っていく計画です。もう一つの一般社団法人の方は、地域を対象にした仕事で、世の中には困っている人とか、やる気があるけどやり方が分からない人とか、いろんな方がいらっしゃると思うんですけど、そういう人にきっかけを与えるような、そういう事が出来ないかなという風に考えて作りました。これまで勤めてきた公務員は社会性の高い仕事で、これを全うすることにも大きな意味があると感じていますが、公務員を辞めて一般社団法人を立ち上げたのは、やりたいことが少し違っただけだと思います。

ケンフィー 出身は倉敷ですよね?

藤澤 直武 社会人までは浅口市ですが、あとは倉敷です。

ケンフィー 今は事務所(岡山)を中心に、岡山をまず盛り上げたいという感じですか?

藤澤 直武 そうですね。

ケンフィー 一般社団法人の名前ですが、日本地域イノベーション研究機構と岡山でなく日本と名付けた理由は何ですか?

藤澤 直武 (一般社団法人の名前に)『日本』って付けたっていうのは理由があって、岡山だけになるような名称にしちゃうと、だいたい岡山以外の地域の人は依頼しにくいというか、そういう雰囲気を感じるので、とりあえず日本全国で何かあれば、どこででも応援したいなという想いがあって付けたのと、あとは姓名判断で、すごく良かったからです(笑) 強運を呼び込むとか、困難は平気で克服するとか、いろんな分野で凄く優れてたんで、逆にお付合いする人にとっても良い事かなと思って、そういう名前にしました。経営コンサルの会社名も一緒です。

ケンフィー やっぱり名前って大事ですもんね。

藤澤 直武 はい。そんな感じで、命名しました。

↓藤澤さんが立ち上げた法人についてはコチラ↓